星 飛雄馬

巨人の星(テレビアニメ)の主人公。読みは「ほし ひゅうま」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
巨人の星(テレビアニメ)
正式名称
星 飛雄馬
ふりがな
ほし ひゅうま

総合スレッド

星 飛雄馬(巨人の星)の総合スレッド
2016.03.22 15:51

概要

幼少期から父親の星一徹により、筋力増強器具大リーグボール養成ギプスの装着を強いられながら、野球漬けの毎日を送る。それゆえ父と野球を恨みながら育つも、長嶋茂雄や王貞治、ライバルの花形満との出会いを経て、野球の素晴らしさを知る。

一徹の意向で青雲高校に入学すると、伴宙太と親友となってバッテリーを組み、甲子園出場を果たす。しかし負傷がもとで準優勝に終わったことから伴大造との確執が起こり、青雲高校を自主退学。

ジャイアンツ以外の各球団からスカウトを受けるも、すべてを断り、ジャイアンツの入団テストに挑戦し合格。左腕投手としてジャイアンツへ入団し、永久欠番であった川上哲治の背番号16を受け継ぐ。

プロでも幼少期からの特訓で培った精密な制球力と剛速球を武器に活躍する。しかし体格が小さいゆえに球質が軽く、ミートされた場合は長打を浴びやすいという欠点を、花形満左門豊作らライバル陣に見抜かれる。

これがもとでもうプロでは通用しないと絶望し、一度は失踪するも、隠遁先での僧侶とのやりとりから、魔球のヒントを得る。そして特訓を重ねて大リーグボール1号を完成し、マウンドへ復帰し、ライバルたちを打ち破る。

その後も打倒大リーグボール1号を目指すライバルとの勝負や、美奈との悲恋を経て、投手として人間として、成長を続ける。

登場作品

父・星一徹により、幼少期より野球の特訓を受けて育った星飛雄馬は、苦難の末に読売ジャイアンツに入団。多くのライバルと切磋琢磨し、ときには一徹から課された非情な試練に立ち向かい、飛雄馬はジャイアンツの象徴...