春日 常保

春日 常保

ゴールデン・デイズ(漫画)の登場人物。読みは「かすが つねやす」。別称、常保。

登場作品
ゴールデン・デイズ(漫画)
正式名称
春日 常保
ふりがな
かすが つねやす
別称
常保
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ゴールデン・デイズ』に登場するキャラクター。春日家の血筋で、たちの叔父。妻は赤名家で、様々な事業を成功させている財閥。つゆこの出身地である六重鉱山を運営する、赤名鉱業も持っており、常保は専務理事を務めている。六重鉱山の公害防止工事のやり直しを提言していた慶光の両親を疎み、孫を人質にかごやの平吉を使って、車に細工させ、二人を殺した。

慶光から彼が慶光の両親を殺した真相をしたためた手紙を読んで、激高したが、常保に向けて銃を撃つが、怒りのままに人を傷つけてはいけないと感じた光也がかばった。本来の歴史では、そこで常保が怪我をし、その二年後に死亡。も不幸になるはずだった。

登場作品

ゴールデン・デイズ

心に大きなトラウマを抱える男子高校生相馬光也は、曾祖父・慶光の死と転落事故をきっかけに、大正時代へとタイムスリップしてしまう。光也はそこで、若き日の慶光に間違われながら、生活することとなる。 関連ページ:ゴールデン・デイズ

SHARE
EC
Amazon
logo