春野 ハル

春野 ハル

ハルの肴(漫画)の主人公。読みは「はるの はる」。別称、ハル。

登場作品
ハルの肴(漫画)
正式名称
春野 ハル
ふりがな
はるの はる
別称
ハル
関連商品
Amazon 楽天

概要

そばかす顔の女性。登場からしばらくは強い癖毛を金髪に染め、二つ編みにしていた。初登場時19歳。北海道寿都町の漁港出身。一人称は「私っち(わっち)」で、地元訛りで話す。地元の高校を卒業後、上京して絵画の専門学校に通っていたが、一年足らずで学校が閉鎖。途方にくれていたところを老舗居酒屋大門の主人、大門康造に拾われ、住み込みで働くことになった。

板長のイチロー(塚内一朗)からは度々怒られるが、大女将の大門宇佐子や女将さんの大門旭恵には可愛がられていた。配膳や雑用に励むある日、大門旭恵に頼まれニシンの酢漬けを作ったことをきっかけに、大門康造から料理の勉強をしないかと勧められる。なかなか決心がつかなかったが、次第に料理によって人々の心を動かす喜びを知り、料理人を目指すことを決意する。

修業途中ながら、時折優れた料理の腕を見せる。また一途な性格と笑顔、さらに訪れた人に合わせて料理を振舞い、もてなすことができる天性の素質で周囲の人々を魅了していく。幼い頃に父の春野真光、母の春野美春が相次いで行方不明となり、祖父の春野真蔵と祖母の養子となった。

祖父の漁師仲間のマサヨシ達が親代わりで、賄いを作るうちに魚介類の扱いに慣れていった。往年の歌謡曲や主題歌を鼻歌で歌う癖がある。

登場作品

ハルの肴

両国の居酒屋で、ひょんなことから料理人の修行をすることになった少女、春野ハルの奮闘と成長を描くハートフルな作品。原作は末田雄一郎、作画は本庄敬。 関連ページ:ハルの肴

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
大門 宇佐子
塚内 一朗
原葉 勘治
真田
五島錦
目白 翔太
logo