晁蓋

水滸伝(漫画)の登場人物。読みは「ちょうがい」。別称、托塔天王晁蓋。

  • 晁蓋
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
水滸伝(漫画)
正式名称
晁蓋
ふりがな
ちょうがい
別称
托塔天王晁蓋

総合スレッド

晁蓋(水滸伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

序盤には登場しない。東渓村の庄屋で、剛毅な侠客として名を知られ人望もある人間。政府に送られる巨額の賄賂強奪の話に乗り、呉学人阮三兄弟一清道人らと実行する。これが元で梁山泊に入る。それまで梁山泊のリーダーだった王倫が度量の小ささを嫌われて殺されたあと、皆に請われて総首領となった。

以後、終盤まで、義侠心と人望で梁山泊を大きくする。

関連キーワード

中国東部にある(現在の山東省済寧市)、沼地と水路に守られた天然の要塞である。近くに梁山という山があったため梁山泊という名になった。ピーク時は百八人の頭領と三万の兵力を抱えていた。

登場作品

中国北宋末期の徽宗皇帝の時代、悪徳役人や不正だらけの世の中で、武力と義侠心に富んだ者たちが、私欲を満たそうとする悪徳官吏や富裕者の理不尽な行いのせいで、アウトローの世界に向かわねばならなくなる。このよ...