時野 妙子

時野 妙子

ワタナベ(漫画)の登場人物。読みは「ときの たえこ」。別称、妙子殿。

登場作品
ワタナベ(漫画)
正式名称
時野 妙子
ふりがな
ときの たえこ
別称
妙子殿
関連商品
Amazon 楽天

概要

ワタナベが居候をしている時野家の長女。初登場時16歳で、東京都立新玉高等学校の1年生。作中で17歳の誕生日を迎え(4月5日)、2年になる。髪は栗色のショートカット(作品中盤でベリーショートになる)。東京近郊の「向ヶ丘団地」の7号棟401号室に家族と住む。可愛い顔をしているが、父親は仕事で手一杯で、母親は自分の老後を支えるはずの頭の良い息子に構いきりなので、心は疎外感でいっぱい。

何をしても満たされず、子供の時から「白馬の王子さまにさらわれて素晴らしい人生を送る」ことを夢見ている。テニス部の幽霊部員だったが、ワタナベのせいで部長の華蝶斎マキと激しいテニスの試合を戦うことになる。その後も空疎な日々が続くが、終盤にイケメンで長髪の同学校同学年の青年と知り合い、付き合い始める。

ワタナベは彼女を「妙子殿」と呼ぶ。

登場作品

ワタナベ

ある日突然地球にやってきた宇宙人の青年ワタナベ、その目的は宇宙大学の卒論作成のため地球人の生態を観察することだった。縁あって東京近郊の団地に住む中流家庭・時野家の居候になるが、ワタナベは地球の文化や風... 関連ページ:ワタナベ

SHARE
EC
Amazon
logo