暗黒の魔主

手天童子(漫画)の登場人物。読みは「あんこくのましゅ」。手天童子郎とはライバル関係。

  • 暗黒の魔主
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
手天童子(漫画)
正式名称
暗黒の魔主
ふりがな
あんこくのましゅ

総合スレッド

暗黒の魔主(手天童子)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

不良集団結命党から盟主として崇められる白鳥美雪の姿に化け、手天童子郎が、追い求める手天童子であるかどうかを探っていた。異次元から呼び出した3匹の魔物と共に、子郎に戦いを挑む。なお、「暗黒の魔主」は、結命党がこのを崇めて使う呼称であり、配下の魔物を呼び出す際には自身を「大宇宙の魔神」と名乗っている。

登場人物・キャラクター

物語冒頭、巨大な鬼・戦鬼と共に、赤子の姿でこの世界に出現、芝竜一郎・芝京子夫妻の養子となり、手天童子郎と名付けられる。成長した子郎は、文武に優れ眉目秀麗な少年となるが、その額には2本の角が生え、超人的...

関連キーワード

『手天童子』に登場する不良たちの徒党。北陵学園の旧校舎を根城とした20名程度の集団で、集団レイプなどを繰り返していた。実は全員が暗黒の魔主と呼ばれる鬼の支配下にあり、恐れによるものか洗脳によるものか、...

登場作品

巨大な鬼によってこの世界の夫婦に預けられた赤子手天童子郎。少年へと成長した彼は、鬼に関わる奇怪な敵たちに襲われる。子郎を護る2体の鬼・戦鬼と護鬼の力を借りて、敵を退ける子郎。だが、戦いが終わると同時に...