暗黒大陸

暗黒大陸

登場作品
HUNTER×HUNTER(漫画)
正式名称
暗黒大陸
ふりがな
あんこくたいりく
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社) / 集英社マンガ総集編シリーズ(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

現世界の外側に存在し、その詳細は殆ど知られていない。侵入すると人間に大きな災いが起こるとされており、200年以上前にV5によって不可侵条約が結ばれている。一般的に世界地図として知られている「世界」は、実は暗黒大陸中央に存在する巨大湖メビウスの中に位置している。国際環境許可庁のデータによると、確定している記録だけでも148回も人類は暗黒大陸への渡航に挑戦しており、帰還生存者が確認されているのは5回で生存者は合計で28名。

そのうち現在も存命なのはビヨンド=ネテロただひとりである。この5回の渡航は、暗黒大陸への不可侵条約締結後、V5は政治的思惑からハンター協会を避けて、案内人の協力を得て行ったもの。暗黒大陸に関する情報は、古文書や遺跡、ビヨンド=ネテロの報告書「ビヨンドレポート」などから得ることができるが、「新世界紀行」という本にも詳しく記載されている。

魔獣キメラ=アントも、元々は暗黒大陸から来たと言われている。人類が大陸へ進出しようとする度に大きな災いを持ち帰ってきており、それらは「五大厄災」と呼ばれ、国際環境許可庁の地下に秘密裏に保管されている。

登場作品

HUNTER×HUNTER

世界観主人公の少年・ゴン=フリークスが、生まれてから一度も姿を見たことがない父親・ジン=フリークスと会うために、父と同じくプロのハンターとなり、様々な困難に立ち向かいながら仲間とともに父との再会に近づ... 関連ページ:HUNTER×HUNTER

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
HUNTER×HUNTER
logo