暮 流助

包丁無宿(漫画)の主人公。読みは「くれ りゅうすけ」。別称、流助。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
包丁無宿(漫画)
正式名称
暮 流助
ふりがな
くれ りゅうすけ
別称
流助

総合スレッド

暮 流助(包丁無宿)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

概要

傷害の濡れ衣を着せられ、「流れ板」となった板前。各地の料亭などを渡り歩きながら修業を続け、いつか師匠の店である築地の料亭桐の家を再興することを悲願としている。板前としての腕は確かだが、まだ未熟な面もあり、各地で出会う料理人から学ぶことも多い。食通気取りの客には反感を覚えるらしく、相手の鼻を明かすような料理を出すこともあった。

登場作品

東京は築地の料亭桐の家で板前を務めていた暮流助は、傷害事件の冤罪により、大日本料理会から追放され、「流れ板」として全国を放浪することになった。流助は、師匠である和木茂十の教えを噛みしめながら、行く先々...