書を守る者

書を守る者

超人ロック(漫画)の登場人物。読みは「しょをまもるもの」。

登場作品
超人ロック(漫画)
正式名称
書を守る者
ふりがな
しょをまもるもの
関連商品
Amazon 楽天

概要

ロックのクローン細胞を使い、200のクローンを生み出した。ロックが出会ったのはリュカーン赤い太陽のサーペント守護者キャンサールパートバーノール公。その正体は銀河コンピューターの支配を覆そうと考え、実行に移した銀河帝国第7代皇帝のカル・ダームIII世だった。

銀河コンピューターに対するために同等の能力を持つコンピュータードラムを建設した。ドラム完成の暁に冷凍睡眠から復活するつもりでいたが、ドラムが進化の邪魔になるとして排除し、すでに絶命していた。

登場作品

超人ロック

近未来から遠い未来へ連綿と続く宇宙で発展を遂げる人類の歴史。時に物語の中心となって、または脇役に徹して、超能力者ロックが宇宙に生きる人々の隆盛を見つめ続ける。SF超能力アクション作品。連載40周年を超... 関連ページ:超人ロック

SHARE
EC
Amazon
logo