曹操 孟徳

三国志(漫画)の登場人物。読みは「そうそう もうとく」。玄徳とはライバル関係。

  • 曹操 孟徳
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
三国志(漫画)
正式名称
曹操 孟徳
ふりがな
そうそう もうとく

総合スレッド

曹操 孟徳(三国志)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

名門貴族の出身だが、ただならぬ野心を持ち、貪欲に立身出世を企てる野望の男。傲岸不遜な態度と、目的のためなら手段を選ばない非情さを併せ持ち、「乱世の奸雄」と称される。一方で徹底した合理主義・実力主義者であり、才能さえあれば身分や敵味方の別を問わず重要する公平さを持ち、部下からの信頼は厚い。軍事・内政に長じているが、自身で詩文をしたためるなど文化人としての一面も併せ持つ。

自分にない人徳を備えた劉備玄徳を危険視し、生涯のライバルとなる。

登場人物・キャラクター

農村に住む優しい青年。母と二人でむしろや草履を売って貧乏暮らしをしているが、本当は漢王朝の末裔。自分の出生の秘密を知り、乱れた世を正して人々を救うことを決意。桃園の誓いで義兄弟の契りを結んだ関羽張飛と...

登場作品

中国後漢時代の末期、王朝の衰退と共に世は乱れきっていた。政治は腐敗し、民は飢え、宗教結社による武装蜂起黄巾賊の乱があちこちで勃発していた。漢王室の末裔である劉備玄徳は乱れた世を立て直すべく、2人の豪傑...