最遊記シリーズ

最遊記シリーズ

玄奘三蔵が孫悟空沙悟浄猪八戒という3人の妖怪を連れて牛魔王復活を阻止すべく天竺へ向かう。道中様々な敵と出会い、戦いながらそれぞれの過去を紐解いていく。中国の伝記奇譚「西遊記」がベースにされている。峰倉かずやの代表作。

概要

混沌の時代、桃源郷では人間と妖怪が平和に共存していた。しかし何者かが禁術を用いて牛魔王の蘇生を企んだためか妖怪達は自我を失い凶暴化した。玄奘三蔵三仏神の命を受け牛魔王の復活を阻止し、桃源郷に平和をもたらすため孫悟空沙悟浄猪八戒の三人の妖怪を連れて天竺へ向かう旅へ出る。

登場人物・キャラクター

主人公

23歳の男性。美形で金髪でタレ目が特徴。最高僧でありながら喫煙、飲酒、博打もする破戒僧。プライドが高く気が短い。「死ね」、「殺すぞ」が口癖。自己中心的で冷淡とも言える性格だが実際は仲間思いな一面もある... 関連ページ:玄奘 三蔵

18歳の少年の姿をした妖怪。厳密には大地のエネルギーが集まった岩から生まれたので妖怪とは言い切れない異端な存在。小柄で明るく元気な性格。「腹へった」が口癖。妖力制御装置が外れると、自我を失い強力な力で... 関連ページ:孫 悟空

沙 悟浄

22歳の青年の姿をした妖怪。父親が妖怪で母親がその愛人をしていた人間だっため実は半妖。そのため髪の色が赤い。口が悪く大雑把で女好き。喫煙、賭博が好き。幼い頃妖怪である義母に殺されそうになったが兄の沙爾燕に助けられた。倒れていた猪八戒を助けたことによって玄奘三蔵、孫悟空とも出会うことになる。

猪 八戒

22歳の青年の姿をした妖怪。昔は猪悟能という名前の人間で教師をしていた。しかし姉であり恋人であった花喃が妖怪に攫われ、自殺してしまったことから妖怪の一族や、村の人間を虐殺したため妖怪になってしまった。穏やかで優しい性格だが毒舌。一行のまとめ役。酒に強い。右目は義眼でモノクルをしている。

三仏神

女性、男性、中性の3人から成る神。観世音菩薩の命を玄奘三蔵に伝える役目を担っている。玄奘三蔵のみが拝謁を許されている。過去には猪悟能の連行なども命じたことがある。

観世音菩薩

天界を司る五大菩薩の1柱。両性具有で慈愛と慈悲の象徴。玄奘三蔵一行に牛魔王討伐を命じた。飄々としているがその力は絶大で孫悟空に妖力制御装置をつけることのできる数少ない存在。

二郎神

観世音菩薩に従っている神。髭の生えた老人の容姿をしている。よく観世音菩薩に振り回されている。

明茗

茄陳の町で不良に絡まれていたところを沙悟浄、孫悟空に助けられた宿屋の娘。料理が上手い。妖怪を毛嫌いしている。妖怪に人質として攫われた。

蜘蛛の妖怪

紅孩児によって玄奘三蔵の元に送られた刺客。女性のような容姿をしているが正体は巨大蜘蛛。玄奘三蔵を食べようとした。

宿屋の主人

明茗の父親であり宿屋の主人。メガネをかけた男性。蜘蛛の妖怪に明茗が襲われた時はその身を挺して助けようとした。過去、親友の妖怪がいた。

紅孩児

牛魔王と羅刹女の一人息子。母の羅刹女を人質にとられているため嫌々ながらも玉面公主の言うことを聞いて玄奘三蔵の邪魔をしている。過去、牛魔王が討伐された際に自身も封印された。玄奘三蔵の敵ながら情け深く正義感も強い。妖怪のカリスマ的な存在。妹の李厘とは異母兄妹。

牛魔王

500年前闘神哪吒によって封印された大妖怪。人間との共存を拒み、私欲のままに人間を食べたと言われている。封印後玉面公主によって禁術を用いた蘇生実験を行われている。

玄奘三蔵ら一行が一晩泊めてもらった寺院で修行する幼い僧侶。当初は玄奘三蔵一行の行いに破戒な行動に面食らったが、最終的に理解を示すようになった。

寺院を襲った妖怪

紅孩児によって玄奘三蔵の元に送られた刺客。玄奘三蔵らが一晩泊まっていた寺院の僧侶たちを次々と殺した。しかし玄奘三蔵らに適わないとわかったら自害した。

玉面公主

牛魔王の現在の妻で科学と呪術を織り交ぜた禁術を用いて牛魔王蘇生を目論む首謀者。強欲で非常な性格。李厘の実母。

旬麗

玄奘三蔵一行が川に落ちたところに居合わせ服を貸してあげた若い女性。妖怪である茲燕という恋人がいた。

半おばさん

旬麗の隣に住む中年女性。恋人を失って塞ぎ込む旬麗を心配し、何かと気にかけている。

茲燕

旬麗の恋人だった妖怪。銀髪。子供好きで穏やかな妖怪だったが牛魔王蘇生実験の影響を受けて自我を完全に失う前に旬麗の前を去った。

八百鼡

紅孩児の部下の女性の容姿をした妖怪。かつては薬師として働いていたため薬や毒の調合ができる。紅孩児に助けられてから付き従うようになった。真面目で礼儀正しいがドジな一面もある。

玄奘三蔵一行が酒場で出会った男性。酔って八百鼡に絡んでいたことで玄奘三蔵一行と飲み比べ勝負をすることになる。

妖怪退治をするために各地を転々としている僧侶。大男で体中に札を貼っている。実は玄奘三蔵がまだ金山寺にいた時の札使いの師範代であり兄弟子。江流が珍しく心を開いていた人物。江流が金山寺を去ったその夜に魔天... 関連ページ:六道

光明 三蔵

玄奘三蔵の師匠であり先代の三蔵の名を持っていた僧侶。穏やかで優しい性格でありながら隠れて喫煙をする等僧侶としては型破りな一面もある。川に流れていた江流を拾い弟子にした。髪を後ろで三つ編みにしている。まだ年若い江流に三蔵の位を譲った晩に妖怪の野盗に襲われ江流と魔天経文を守って死んだ。

羅刹女

牛魔王の正妻であり紅孩児の実の母親。吠登城に今も封印されたままでいる。

李厘

玉面公主と牛魔王の一人娘。やんちゃで活発な性格。一人称は「オイラ」。小柄な女の子の容姿をしているが力は強い。異母兄妹ながら兄の紅孩児によく懐いている。牛魔王蘇生実験の鍵を握っている。

清一色

猪八戒がかつて虐殺した百眼魔王一族の生き残りの妖怪。実は猪語能が妖怪になった時に殺されており自らを式神にして生きながらえている。猪八戒を精神的に苦しめることを目的に玄奘三蔵一行近づく。人を操る能力がある。名前も麻雀の配役の一つであり、何かと麻雀を使ってくる。

花喃

猪八戒が人間だった頃の恋人であり実の姉。幼い頃猪八戒とは別々の孤児院にいた。猪八戒と二人で暮らしていた村に百眼魔王一族が来た際に村人に差し出され百眼魔王に陵辱され子供を身籠る。それが原因で自殺した。

黄博士

牛魔王蘇生実験に携わる科学者。真面目な性格で你健一とは馬が合わず度々衝突している。玉面公主に強い憧れを抱いているが恋愛感情も含んでいるらしい。メガネをかけた女性の容姿をしているが実は妖怪。

王老師

牛魔王蘇生実験に携わる科学者。スキンヘッドの老人のような容姿をしている妖怪。

蓮麗

砂漠を移動する玄奘三蔵一行を襲った妖怪。以前に他の三蔵法師を食べた。女性のような容姿をしているが性別は男。毒を使う。

幼い男の子の容姿をした妖怪。銀閣という双子の弟がいる。牛魔王蘇生実験の影響で村の妖怪が暴徒と化し、銀閣と二人で逃げ出した先でカミサマに出会う。素直な性格でカミサマを心から信用していた。銀閣を元の姿に戻... 関連ページ:金閣

幼い男の子の容姿をした妖怪。金閣という双子の兄がいる。牛魔王蘇生実験の影響で村の妖怪が暴徒と化し、銀閣と二人で逃げ出した先でカミサマに出会う。カミサマの胡散臭さに気づき、金閣を連れて逃げようとしたがカ... 関連ページ:銀閣

カミサマ

三蔵法師の格好をしている人間の青年。顔の右半分に火傷の跡がある。見た目は大人だが子どもと変わらない性格、行動をとっている。飄々としているが冷酷な一面もあり圧倒的な強さを見せつける。実は烏哭三蔵法師のかつての弟子であり、法力や法衣は受け継いだものの三蔵法師の証である経文を受け継がせてもらえなかった。

バーのマスター

町のバーのマスター。中年男性。チンピラを玄奘三蔵と沙悟浄に追っ払ってもらったこともあり玄奘三蔵一行に部屋を貸し、ケガをおった彼らの面倒を見た。

ジープ

猪八戒に飼われている小さな竜のような生き物。ジープに変身することができる。言葉は話せないがある程度の意思疎通は可能で猪八戒によく懐いている。

その他キーワード

天地開元経文

最高僧である三蔵法師の称号を持つ者がそれぞれに守人として保持する5つの経典。玄奘三蔵は魔天経文、光明三蔵は聖天経文を持っていた。聖天経文は妖怪達に奪われた。

三蔵法師

僧侶の最も位の高い称号。玄奘三蔵が最年少の12歳で三蔵法師の法名を授かった。また光明三蔵も烏哭三蔵法師もそれぞれ当時の最年少で三蔵法師になった。妖怪たちの間では三蔵法師を食べれば不死身になれると噂されていたが、それはデマだった。

SHARE
EC
Amazon
logo