月島 青葉

月島 青葉

クロスゲーム(漫画)の主人公。読みは「つきしま あおば」。

登場作品
クロスゲーム(漫画)
正式名称
月島 青葉
ふりがな
つきしま あおば
関連商品
Amazon 楽天

概要

月島清次の娘で、月島家の三女。右投げ右打ちで、ポジションはピッチャー。幼い頃からトレーニングを欠かすことなく、野球に打ち込んできた。小学生の時点でその野球センスはすでにずば抜けており、特にその投球フォームは美しく、樹多村光に憧れの対象として見られたほど。当時は、自身が特に好きだった姉の月島若葉が、光を可愛がってベッタリくっついていたため、光に対して嫉妬心を抱いていた。そのため、光に対しては当たりが強くなったり、つっけんどんな態度を取ったりしていた。成長に伴って態度は徐々に軟化はするものの、基本的には大きく変わっていない。

一方で、当時から光の野球の実力は認めていた。中学生になると、星秀学園中等部の野球部に所属し、中学3年生の時には星秀学園高等部のレギュラーメンバーに対して、バッティングピッチャーを務めた。その際、直球と多彩な変化球でレギュラーメンバーを翻弄し、東雄平からも空振りを取るなどして周囲を驚かせた。その後、星秀学園高等部に進学し、野球部に入部する。性別の関係上、試合には出られないものの、バッティングピッチャーを務めたり、光に対して変化球指導をするなど、チームの練習に非常に協力的で、また貢献度も高い。ちなみに、野球の実力は他の部員と比べて遜色なく、女子野球日本代表の一次選考にも合格するほどレベルが高い。また、本人は自覚していないものの美人で、校内の男子に非常に人気がある。なお、好きな男性のタイプは少し変わっており、「160kmのストレートが投げられる男」としている。

関連人物・キャラクター

樹多村 光

「キタムラスポーツ用品店」の一人息子。右投げ右打ちで、ポジションはピッチャー。幼少期からスポーツ用品に囲まれていたが、野球に関しては長らく興味を抱くことはなかった。しかし、近所の「月島バッティングセン... 関連ページ:樹多村 光

関連キーワード

星秀学園

『クロスゲーム』に登場する中高一貫教育校。樹多村光たちは中等部から通っている。高等部野球部は不良の溜まり場と化していたが、志堂英太郎教頭が、校長の病気療養中に校長代理となって独断で予算を動かし、甲子園... 関連ページ:星秀学園

千川北小学校

『クロスゲーム』に登場する小学校。コウ(樹多村光)、月島家の姉妹、赤石修、中西大気たちの母校。

登場作品

クロスゲーム

小学5年生の時に最愛の幼なじみを失った少年が、徐々に野球にのめり込み、[甲子園]優勝を目指す姿を描いた青春高校野球漫画。「週刊少年サンデー」2005年22・23号から2010年12号にかけて連載された... 関連ページ:クロスゲーム

SHARE
EC
Amazon
logo