• 月詠 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 月詠人

月詠人

月詠人

月詠(漫画)に登場する用語。読みは「みすとれす」。

登場作品
月詠(漫画)
正式名称
月詠人
ふりがな
みすとれす
関連商品
Amazon 楽天

概要

人間ではない、吸血鬼的存在。葉月のように両親ともに月詠人の純血種「ブルーブラッド」と、エルフリーデのように主に認められることで月詠人になる「転向者」が存在する。それぞれの間に上下関係が厳しく設けられており、対等な友人関係はほぼ存在しない。相手の血や肉を喰らい、その能力を自分のものにする「能力喰い」として、あらゆる能力を蓄積し続けることで、様々な能力を身に付ける。

太陽の光には弱いが、葉月のように日光を浴びても平気なデイ・ウォーカーも存在する。

登場作品

月詠

カメラマンの森丘耕平は、取材先のドイツの古城で、吸血鬼の少女、葉月と遭遇。彼女は耕平の血を吸って下僕としようとするも、霊的に鈍感な彼に効力はなかった。その後、葉月は母親を見つけるため飛行機で来日。マル... 関連ページ:月詠

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo