月読

孔雀王(漫画)の登場人物。読みは「つくよみ」。日光とは親族関係にある。

  • 月読
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
孔雀王(漫画)
正式名称
月読
ふりがな
つくよみ

総合スレッド

月読(孔雀王)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

裏高野を束ねる座主・薬師大医王の娘で、日光の妹。裏高野女人堂の主でもある。生まれつきの盲人だが、常人には見られないものを知覚できるとされる。月読の“月”は、死を表し、闇の軍団長である蛇神や龍神を象徴する。その文字を冠した彼女は、光と闇の戦いの果てにある無を避けるため、命を懸けて闇の子、すなわち孔雀を救済する定めを帯びていた。

登場人物・キャラクター

裏高野を束ねる座主・薬師大医王の息子であり、実戦部隊・五輪坊の総司令官を務める若武者。階級は第二位の権大僧正(ごんだいそうじょう)であり、薬師大医王が即身仏となった後は、裏高野の実質的な長として最終決...

登場作品

若くして腕利きの退魔師として知られた孔雀は、求めに応じて日本各地を巡り、怪異や化け物を退治する生活を送っていた。だがある日、阿修羅と名乗る少女と、彼女を操る六道衆・大聖歓喜天が現れたことで、彼の生活は...