服部 鞍馬

弐十手物語(漫画)の登場人物。読みは「はっとり くらま」。別称、くらま。菊地鶴次郎とは親族関係にある。

  • 服部 鞍馬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
弐十手物語(漫画)
正式名称
服部 鞍馬
ふりがな
はっとり くらま
別称
くらま

総合スレッド

服部 鞍馬(弐十手物語)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

公儀お庭番猫座の者の一員。上からの命により菊地鶴次郎の命を狙うが、紆余曲折を経て結ばれ、妻となった。以後、鶴次郎と共に、幾多の死線を乗り越える。

登場人物・キャラクター

最初は脇役だったが、途中から主役になった。十手者としてかかわった、愛する女性たちが、次々と死んだり行方不明になるという不幸を背負う。また、南町奉行所の定廻り同心を振り出しに、八丈島の島役・大坂東町奉行...

関連キーワード

『弐十手物語』に登場する組織。徳川幕府の御用を承る公儀お庭番。いつも懐中に猫を入れている。一時期、菊地鶴次郎が所属した。それが縁になり、何度か鶴次郎を助ける。後に鶴次郎が猫座の差配になった。

登場作品

徳川八代将軍徳川吉宗の治世。南町奉行の大岡越前守の下には、藤掛飯伍や菊地鶴次郎といった、個性的な定町廻り同心がいた。将軍家ご落胤を騙った天一坊事件などで活躍した飯伍だが、途中から脇役になり、鶴次郎が主...