朝丘 ユミ

サインはV(漫画)の主人公。読みは「あさおか ゆみ」。別称、ユミ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サインはV(漫画)
正式名称
朝丘 ユミ
ふりがな
あさおか ゆみ
別称
ユミ

総合スレッド

朝丘 ユミ(サインはV)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

概要

髪を二つ結びにした少女。初登場時は中学校3年生。荒川区の城山中学校に通っている。かつてはバレーボール部員だったが、社会人選手だった姉の朝丘美代が過酷な練習の果てに命を落としたためにバレーボールを憎んでいた。だが止むを得ず出場した大会の後、牧圭介が彼女の元に現れ、バレーボールを続けるよう説得された。

その熱意に応え、彼がコーチをつとめる立木武蔵に入ってもう一度バレーボールを始める。選手としては小柄だが牧圭介との猛特訓によって高いジャンプ力を手に入れ、さらに猛烈な変化サーブいなずまおとしなどの技を身に付ける。同時期に立木武蔵に入った椿麻理とは、「女王」の座を巡って激しく争う。

後にチームメイトとなったジュン(ジュン・サンダース)とは、当初お互いに反発し合っていたが、共に猛特訓を重ね親友となり、X攻撃を編み出す。

登場作品

1964年、日本女子バレーボール界では、東京オリンピックで金メダルを獲得した主力メンバーが所属するニチボー貝塚が圧倒的な強さを誇っていた。ユミ(朝丘ユミ)は荒川区の城山中学校の3年生。かつてはバレーボ...