朝日奈 薫子

朝日奈 薫子

人間兇器(漫画)の登場人物。読みは「あさひな かおるこ」。別称、薫子。

登場作品
人間兇器(漫画)
正式名称
朝日奈 薫子
ふりがな
あさひな かおるこ
別称
薫子
別称
ミス・桜
関連商品
Amazon 楽天

概要

空手団体旭掌拳の当主である美女。桔梗十八郎とは幼なじみ。桔梗旭掌拳を離れて空心会に入門し、それに激怒した薫子の父が刺客を放った。その際、桔梗をかばった薫子が刺客の硫酸攻撃を顔に浴びて失明してしまう。しかし盲人でありながら、旭掌拳の極意を会得しており、美影義人を始めとする相手の攻撃をものともしない。

人を憎もうとせず、その聖女のような心に美影も心を奪われた。鹿児島で美影と出会ったあと、九十九里浜で彼に処女を奪われ、そのまま妊娠してしまう。妊娠を知った美影が彼女を捨てて渡米したあと、沖縄の残波岬から身を投げようとするが、すんでのところで門弟に制止され、その後は彼の子、雅哉を産んだ。

どれだけ裏切られても美影のことを見捨てられず、彼のため地下プロレスでも表世界の女子プロレスでも進んで身を投じた。それでも、彼が悪徳政治家とつるむようになると、その危険性を悟って大元烈山と共に美影を討つ決意を固めた。

登場作品

人間兇器

金と権力、暴力で人生を歩む野望を持った美影義人が空手の師匠大元烈山を何度となく裏切って、成り上がりを目指す物語。人間兇器を目指す美影義人は犯罪を重ね、世界的に警察や大元烈山に追われる身となる。原作:梶... 関連ページ:人間兇器

SHARE
EC
Amazon
logo