木下 京太郎

宵闇眩燈草紙(漫画)の主人公。読みは「きのした きょうたろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
宵闇眩燈草紙(漫画)
正式名称
木下 京太郎
ふりがな
きのした きょうたろう

総合スレッド

木下 京太郎(宵闇眩燈草紙)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

28歳の青年で回診専門の医者。顔立ちも背格好も平凡で小心者。医師を目指す書生だったが、手術の血が苦手なために挫折したところ、父の死で古い一軒家が遺された。一軒家で暮らし始めた頃に麻倉美津里の店に入り、近眼を指摘され眼鏡を作ってもらう。その後、手術とはあまり縁のない回診専門の医者となった。

相手の足元を見て稼ぐ闇医師でもあった。元々医者としての技量は中の上くらいだったが、美津里から教えられる知識や怪しげな治療法などのお陰で、かなり高度な医療を実施している。ただし、違法な技術が多くなり、事実上モグリと化している。家には長谷川虎蔵が居候している。美津里の眼鏡は人外のものまで観えてしまったため、父が関係をもっていた怪異と肉体関係に陥ってしまう。

あくまでも平凡な人間として、美津里や虎蔵が起こす事件の被害者の立場にいると認識している。

登場作品

回診専門の闇医師、木下京太郎は平凡な人物であった。彼の周囲には、何かとトラブルを持ち込んでくる友人、古道具屋の女主人である麻倉美津里や、異能力を持ち裏の仕事をしている居候の長谷川虎蔵などがいた。彼らの...