木下 秀吉

信長の忍び(漫画)の登場人物。読みは「きのした ひでよし」。別称、サル。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
信長の忍び(漫画)
正式名称
木下 秀吉
ふりがな
きのした ひでよし
別称
サル

総合スレッド

木下 秀吉(信長の忍び)の総合スレッド
2016.09.02 18:12

概要

織田信長の家来である武将で、千鳥とも仲が良い。当初は信長のパシリとして使われていたが、人に好かれる器量を持っており、徐々に頭角を現していく。性格は軽くてお調子者で、ボケを担当することが多い。森可成に「なかなか死なない」と評されるほど異常に打たれ強く、戦いの際にはいつも矢傷や刀傷を大量に負っては平然としている。

モデルは実在の武将豊臣秀吉。

登場作品

1555年、尾張国。見習いの忍者である少女・千鳥は、川で溺れていたところを偶然通りがかった織田信長に助けられ、「乱世を終わらせる」という夢を聞かされる。数年後、一人前の忍びとして忍び仲間の助蔵とともに...