木戸 裕次郎

ばらかもん(漫画)の登場人物。読みは「きど ゆうじろう」。別称、郷長。木戸浩志とは親族関係にある。

  • 木戸 裕次郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ばらかもん(漫画)
正式名称
木戸 裕次郎
ふりがな
きど ゆうじろう
別称
郷長

総合スレッド

木戸 裕次郎(ばらかもん)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

『ばらかもん』に出てくる、五島列島の村の代表を務める男性。木戸浩志の父親。いつも笑顔で細かいことは気にしないおおらかな性格をしている。半田清舟が住む借家の管理人で、田舎暮らしに不慣れな彼の面倒を見る。半田清舟の父親である半田清明とは旧友。

登場人物・キャラクター

『ばらかもん』に出てくる、半田清舟の父親。著名な書道家で、半田清舟の良き父で師でもありライバルでもある。半田清舟を五島列島へと送った張本人で、自身も五島列島で暮らしていた過去を持つ。その際に現郷長の木...
『ばらかもん』に出てくる、五島列島に住む高校三年生。郷長の息子で、昔から何をしても平凡であることに悩む受験生。誰も自分の努力を理解してくれないとやさぐれていたが、半田清舟の書道に対する姿勢を見ることで...

登場作品

若くして書道の才能を開花させた青年書道家の半田清舟は、書道の展示会で書道界の重鎮を殴りつけてしまう。見かねた父親によって、自身の成長のために五島列島へと一人送り出された半田清舟は、タクシーもない、頼り...