木村家の母

木村家の母

あとかたの街(漫画)の登場人物。読みは「きむらけのはは」。木村あい、木村家の父とは親族関係にある。

登場作品
あとかたの街(漫画)
正式名称
木村家の母
ふりがな
きむらけのはは
関連商品
Amazon 楽天

概要

木村あい達の母親で、木村家の父の妻。常に冷静沈着で毅然とした態度の女性で、バケツリレーの大会で入賞するなど、体力がある。娘たちのことを愛し、信頼している。木村みねあい木村ときの下にさらにもう一人、乳飲み子を抱えている。

関連人物・キャラクター

木村あい

初登場時12歳。長めの髪をおさげにしている。少しおっちょこちょいだが真面目な性格で、心優しく家族想いな、ごく普通の少女。国民学校初等科を卒業後は女学校に進学したいと密かに願っていたが、家が貧しいため、... 関連ページ:木村あい

木村家の父

木村家の当主で、木村あい達の父親。眼鏡をかけている。穏やかな性格で、必要なしつけはするが子供に手を上げることはしない。地域の警防団員を務めている。元は大工の仕事をしていた。 関連ページ:木村家の父

登場作品

あとかたの街

昭和19年、太平洋戦争末期の名古屋で、12歳の少女・木村あいは姉と2人の妹、両親とともに、貧しいながらも家族そろっての堅実な暮らしをしていた。しかし幼い妹が学童疎開で家を離れたり、自身は学徒動員で工場... 関連ページ:あとかたの街

SHARE
EC
Amazon
logo