木村 政彦

木村 政彦

KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(漫画)の主人公。読みは「きむら まさひこ」。別称、木村。

登場作品
KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(漫画)
正式名称
木村 政彦
ふりがな
きむら まさひこ
別称
木村
関連商品
Amazon 楽天

概要

大正6年、熊本県に生まれる。幼少時より、父の砂利採りの仕事を手伝っていたため、強靭な足腰と怪力の持ち主となる。15歳のとき、全国中等学校大会の決勝で、立ったまま腕がらみを極め、怪童と呼ばれる。中学卒業後は、牛島辰熊に師事。拓殖大学商学部予科に入学。

講道館の昇段審査で8人抜きをなし、五段に昇進。一躍その名を世間に知らしめる。怪力を活かした柔道が得意だったが、天才児・阿部謙四郎に敗北した後は、しなやかさと強さを併せ持つ柔道を目指した。また、高専柔道の練習を重ね、腕がらみや横三角絞めなど、寝技、関節技でも秀でた存在となる。20歳1か月の最年少で全日本柔道選士権大会専門の部優勝。

日本一となる。同名の実在人物がモデル。

登場作品

KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

昭和初期、15年間不敗のまま引退した、史上最強の柔道家木村政彦の生涯を描くセミドキュメンタリー。増田俊也のノンフィクション『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』を原作としており、物語の冒頭は、原作... 関連ページ:KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
logo