木颪の酉蔵

子連れ狼(漫画)の登場人物。読みは「きおろしのとりぞう」。

  • 木颪の酉蔵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
子連れ狼(漫画)
正式名称
木颪の酉蔵
ふりがな
きおろしのとりぞう

総合スレッド

木颪の酉蔵(子連れ狼)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

房州の揚屋と女衒を束ねる寄合頭。短筒を片手に、女性の身で忘八者を仕切っている。女衒を殺した娘を拝一刀が助けたことから縁ができる。秘かに一刀を慕い、後に一刀江戸入りに協力し、斬り合いの中で命を散らした。

登場人物・キャラクター

公儀介錯人だったが、裏柳生を率いる柳生烈堂の奸計により地位を追われ、さらに妻を殺される。生き残った一子の拝大五郎と共に、一殺五百両の刺客を生業とするようになり、子連れ狼と呼ばれる。裏柳生への復讐を胸に...

関連キーワード

徳川幕府の将軍が暮らす江戸城のある、江戸時代の日本の実質的な首都。柳生烈堂との約定により、柳生蔵人を倒した後、江戸を離れていた拝一刀だが、柳生封廻状の謎を解いたことで舞い戻る。以後、江戸の地で凄惨な戦...

登場作品

江戸時代。裏柳生を率いる柳生烈堂の奸計により公儀介錯人の地位を追われ、さらに妻を殺された拝一刀は、生き残った一子の拝大五郎と共に、刺客稼業を続ける。子連れ狼と呼ばれるようになった一刀と大五郎は烈堂へ復...