末摘花

あさきゆめみし(漫画)の登場人物。読みは「すえつむはな」。

  • 末摘花
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
末摘花
ふりがな
すえつむはな

総合スレッド

末摘花(あさきゆめみし)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

天皇家の血筋にあたる常陸宮の娘。しかし、父である常陸宮がしかるべき官職についておらず、後見もなかったため台所事情は厳しく、貧しい暮らしをしていた。美人という噂を聞いて口説く光源氏と、その様子を知って張り合う頭の中将の二人から口説かれることになるが、最終的に光源氏と契る。

しかしその実、見目は美人とはほど遠く、教養にも乏しい女性だったため、光源氏を絶句させた。

登場人物・キャラクター

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様...

登場作品

平安時代、桐壺帝の第二皇子で絶世の美男子である光源氏が、理想の女性を求め様々な女性と関わりを持ちながら、栄華を極めていく。序盤から中盤にかけては、主に光源氏の恋愛遍歴が描かれるが、中盤以降は光源氏の人...