末永 美鈴

サラリーマン金太郎(漫画)の登場人物。読みは「すえなが みすず」。別称、矢島 美鈴。

  • 末永 美鈴
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サラリーマン金太郎(漫画)
正式名称
末永 美鈴
ふりがな
すえなが みすず
別称
矢島 美鈴

総合スレッド

末永 美鈴(サラリーマン金太郎)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

銀座の一流クラブであるジャルダンのオーナーママで、向島の半玉時代に政界の大物代議士に身請けされて美々を出産する。その大物代議士は政財界のほぼ全てを牛耳って他界したが、残された人脈をそのまま受け継ぎ、一声かければ多くの実力者が動くと言われている。

金太郎に一目惚れして肉体関係を持ち、自分の財産を全て手放して身一つで妻となる。切れ者で温厚な女性だが、怒らせると非常に恐い。

登場人物・キャラクター

漁師をやっていた際に漂流中の大和守之助を救った縁で、ヤマト建設の総務部庶務課の見習い社員として採用される。大和会長が派閥争いに勝利した後は営業部の正社員となり、以後は東北支社勤務、ナビリア出張、営業二...

関連キーワード

『サラリーマン金太郎』に登場する高級クラブ。政財界の大物が利用する銀座の一流クラブで、末永美鈴がオーナーママを務めている。美鈴は金太郎と結婚した後は店を後輩に譲ったが、今も変わらぬ影響力を持っている。

登場作品

かつて暴走族集団八州連合を率いていた漁師の矢島金太郎は、事故で漂流中の大和守之助を救った事をきっかけにヤマト建設の見習い社員として入社する。当時のヤマト建設では、創業者の大和会長派と天下り官僚の大島社...