本位田 又八

バガボンド(漫画)の登場人物。読みは「ほんいでん またはち」。別称、又八。お杉とは親族関係にある。

  • 本位田 又八
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バガボンド(漫画)
正式名称
本位田 又八
ふりがな
ほんいでん またはち
別称
又八

総合スレッド

本位田 又八(バガボンド)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

宮本武蔵とは幼馴染で同い年。母はお杉だが、実際は妾の子。武蔵とともに村を出て関ヶ原の戦いに赴くが、落ち延びてお甲に助けられる。許嫁であるおつうを裏切り、お甲と結ばれ京都でヒモ同然の生活を送る。伏見で倒れていた草薙天鬼と遭遇し、佐々木小次郎印可状を託される。

以後「小次郎」の名を騙るようになるが、次第にその名の大きさに怯えるようになる。その後本物の佐々木小次郎と出会い、以降は彼と行動をともにする。吉岡一族との戦いで瀕死となった武蔵を救ったのも彼であった。嘘で塗り固めた人生を悔い、母お杉とともに故郷に帰ることを決意。お杉を背負って京都を出る。

後年は武蔵と小次郎の逸話を伝える語り部となった。

登場人物・キャラクター

実在の剣豪宮本 武蔵がモデル。新免無二斎の子として作州(いまの岡山県)宮本村に生まれる。人と交わらず、父らに命を狙われ孤独であった。幼馴染の本位田 又八とともに関ヶ原の戦いに赴くも、戦いに敗れて落ち延...
本位田又八の母。宮本武蔵らからは「おばば」と呼ばれる。又八とともに関ヶ原へ向かった武蔵を恨んでおり、「悪蔵」と呼ぶ。又八が生きていることを知り、京都へ向かう。その後武蔵とおつうがともに逃げたことを知り...

登場作品

世界観本作の舞台となる時代は、戦国末期~江戸初期となっている(物語は関ケ原の合戦直後から始まるが、それ以前のエピソードも描かれている)。ただし、本作で主に描かれるのは、宮本武蔵を代表とする個人としての...