本多 平八郎 忠勝

影武者徳川家康(漫画)の登場人物。読みは「ほんだ へいはちろう ただかつ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
影武者徳川家康(漫画)
正式名称
本多 平八郎 忠勝
ふりがな
ほんだ へいはちろう ただかつ

総合スレッド

本多 平八郎 忠勝(影武者徳川家康)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

徳川家の重臣で徳川家きっての豪傑でもある。先手侍大将を任じられるなど徳川家康からの信頼も厚い。名槍・蜻蛉切の使い手。関ヶ原の戦いでは当初、前線で奮戦していたが、家康を暗殺したのち自陣に戻ろうとした石田方の忍・六郎を捕らえた。六郎から家康の死を聞き、ことの真偽を確かめるために本陣に駆け付ける。

本陣で影武者である世良田二郎三郎元信に接触。家康の死が事実で、今わの際に二郎三郎に徳川家の未来を託したことを知る。家康の願いを知り、二郎三郎に協力して関ヶ原の戦いを乗り切った。その際、次々と果断な決断を下す様を見て、二郎三郎に将器を見出す。

関ヶ原の戦い後も、徳川家のために二郎三郎に家康のふりをするよう懇願。「徳川秀忠が到着するまで」という条件で二郎三郎の承諾を得る。しかし真相を知った本多弥三郎正信が「秀忠では徳川家が持たない」とし、それに納得して二郎三郎をあくまで本物の家康として盛り立てていこうと決意。

だが秀忠も別ルートで真相を知り、忠勝が密かに埋葬した家康の墓を暴き、その首を送り付けてくる。この一件で秀忠の本性を知り、さらに冷酷さと残忍さがあからさまになると、正信とともに二郎三郎の防波堤になろうと努めるのだった。同時代の実在の人物・本多平八郎忠勝がモデルになっている。

登場作品

時は戦国時代末期。もともとは身分の上下を気にしないことが信条の道々の者だった主人公の世良田二郎三郎元信は、その鉄砲の腕を買われて一向一揆に加わっていた。そこで二郎三郎が出会ったのが元徳川家家臣の本多弥...