本間 良成

サムライうさぎ(漫画)の登場人物。読みは「ほんま りょうせい」。別称、りょーくん。本間魯山とは親族関係にある。

  • 本間 良成
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サムライうさぎ(漫画)
正式名称
本間 良成
ふりがな
ほんま りょうせい
別称
りょーくん

総合スレッド

本間 良成(サムライうさぎ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

本間魯山の弟で、常にメガネをかけている重度の近眼。本来は魯山を連れ戻すために「うさぎ道場」にやってくる。兄に跡継ぎのコンプレックスを抱いていたが、魯山の思いを知るうちに、彼に力を貸し、共に「うさぎ道場」に手を貸すようになる。

登場人物・キャラクター

他のキャラとに比べて一人だけ頭身が違う。「うさぎ道場」の門下生。ある理由でしゃべるのが苦手で、ほとんど言葉を口にしない。手紙をしたためることは多いが、文字が汚くて読めない。一見戦うことすらままならない...

関連キーワード

15歳の宇田川伍助が師範となり、妻の宇田川志乃と切り盛りしている。名前の由来は「うさぎは月まで飛ぼうとがんばってるヤツラだから」。剣術が好きな人だけを集めようと考えており、特に理念はない。

登場作品

江戸末期。上下関係の厳しい武家社会で理不尽に父と兄を失った15歳の宇田川伍助。まだ若い彼は、武士道のあり方に疑問を感じ、正々堂々、剣術も、自分の心も強くありたいと願い、同い年の妻宇田川志乃と「うさぎ道...