朱美 みかん

朱美 みかん

実は私は(漫画)の登場人物。読みは「あけみ みかん」。

登場作品
実は私は(漫画)
正式名称
朱美 みかん
ふりがな
あけみ みかん
関連商品
Amazon 楽天

概要

黒峰朝陽の幼馴染。新聞部部長。人の秘密を公表するのがライフワークで、嫌がられるのが生きがいの外道クイーン。学校の新聞をゴシップネタで埋めて購読率を引き上げ、廃部から救った。実は朝陽のことが好きだが、今は加害者と被害者という距離感が気に入っている。昔朝陽にもらった景品の伊達メガネをいつもかけている。

メガネがないと、外道スイッチが入らない。ケーキバイキングの店でバイトしている。未来人の黄龍院凛にはおばあちゃんと呼ばれている。

関連人物・キャラクター

黒峰朝陽

登場時は高校2年。穴の開いたザルのように思ったことが顔に出てしまう、隠しごとのできない男。1年の秋ごろから白神葉子のことが気になっていた。恋愛には奥手のヘタレだが、吸血鬼の葉子の秘密を守ろうと奮闘する... 関連ページ:黒峰朝陽

登場作品

実は私は

隠し事ができない高校生の黒峰朝陽が告白した白神葉子は、実は吸血鬼だった。正体がバレたら退学させられるという彼女のため、朝陽は図らずも一緒に秘密を守ることになる。1年のときに好きだった学級委員長が宇宙人... 関連ページ:実は私は

SHARE
EC
Amazon
logo