朱雀院

朱雀院

とりかえ・ばや(漫画)の登場人物。読みは「すざくいん」。女東宮、帝とは親族関係にある。

登場作品
とりかえ・ばや(漫画)
正式名称
朱雀院
ふりがな
すざくいん
関連商品
Amazon 楽天

概要

病弱なため帝位を退き新・上皇となった人物で、現在のの兄であり、女東宮の実父。在位中、14歳になった藤原涼子こと沙羅双樹の君の噂を聞き、成人前に清涼殿・殿上の間への出入りができる五位の位を授け、出仕を促した。右大臣藤原角光の一の姫・麗景殿の女御を妃としているが、跡継ぎの男御子には恵まれなかった。

関連人物・キャラクター

女東宮

先帝・朱雀院の実娘で、朱雀院にも帝にも跡継ぎの男児がいないことから、東宮として擁立された。小柄で丸顔のかわいらしい顔立ちで、すぐに顔が真っ赤になるため、女東宮を良く思わない者から、南天の東宮というあだ... 関連ページ:女東宮

『とりかえ・ばや』の登場人物で、先帝であり現上皇・朱雀院の弟にあたる現在の帝。藤原涼子こと沙羅双樹の君の明るい笑顔が気に入っており、特に目をかけて重用している。民のことを第一に考え、天災や飢饉が続く国... 関連ページ:

登場作品

とりかえ・ばや

平安時代の超上流貴族・藤原丸光には、二人の妻が同日に産み落とした、双子のようにそっくりで美しい男女二人の子供がいた。しかし、藤原涼子と名付けられ沙羅双樹の姫君という愛称で呼ばれる姉は、文武に秀でた愛ら... 関連ページ:とりかえ・ばや

SHARE
EC
Amazon
logo