朽木一伝斎

血だるま剣法/おのれらに告ぐ(漫画)の登場人物。読みは「くちきいちでんさい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
血だるま剣法/おのれらに告ぐ(漫画)
正式名称
朽木一伝斎
ふりがな
くちきいちでんさい

総合スレッド

朽木一伝斎(血だるま剣法/おのれらに告ぐ)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

『おのれらに告ぐ』に登場する、剣術道場主。弟子の1人である猪子幻之介に斬殺される。一伝斎は、流刑人の子であるが故に差別されてきた幻之介を哀れみ、庇護してきた。しかし、世間の風は冷たく、温かい支えを失ったとき幻之介の剣が凄まじい狂剣と化すことを危惧し、試合の場で自らが斬ることを決意をする。その計画を幻之介に知られ、殺された。

幻之介は一伝斎から切断した右腕で、壁に門弟の皆殺しを宣言する血文字を残して姿を消す。

登場人物・キャラクター

『おのれらに告ぐ』に登場する、剣術道場で修行する青年。主人公。寛永9年(1632年)、26歳の猪子幻之介は師の朽木一伝斎を殺害した後、門弟を皆殺しにする復讐宣言を壁に血文字で残して姿を消す。流刑人の子...

登場作品

寛永9年(1632年)、26歳の猪子幻之介は、剣術道場の師である朽木一伝斎を斬殺し、切断した右腕を筆代わりに、門弟を皆殺しにする宣言を壁に血文字で残して姿を消す。幻之介は流刑人の子孫という出生の秘密が...