杉浦 菊子

あれよ星屑(漫画)の登場人物。読みは「すぎうら きくこ」。別称、菊子。スミとは親族関係にある。

  • 杉浦 菊子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あれよ星屑(漫画)
正式名称
杉浦 菊子
ふりがな
すぎうら きくこ
別称
菊子

総合スレッド

杉浦 菊子(あれよ星屑)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

酒場「ひさご」の女主人。川島徳太郎黒田門松金子ヨッチンら、周囲の人々の世話を焼く面倒見の良い女性。金子兄弟とは幼なじみで、金子の弟である金子宏道の恋人だった。父母が戦争に巻き込まれて死んだ後、進駐軍用の娯楽場で事務員として働き始めたが、騙されて外国人相手の性接待をさせられていたところを金子によって救われた。

そのさいには川島徳太郎も助力する。スミという妹がいる。

登場人物・キャラクター

日本陸軍の上等兵。戦争中は中国におり、黒田門松と同部隊、川島徳太郎の部下であった。黒田門松らと共に、横暴な小隊長と分隊長を城壁から投げ落とし、第三分隊へ転属になった。「小津組」の金子の弟で、幼なじみの...
菊子の妹で、川島徳太郎の雑炊屋や、姉が店主をつとめる酒場「ひさご」の手伝いなどをしている少女。戦時中は疎開していた。天真爛漫な性格で、姉に好意を寄せる金子やヨッチンをからかったり、川島に憧れを抱いたり...
『あれよ星屑』の主人公のひとり。復員兵。戦後の焼け跡となった東京の闇市「明星マーケット」に雑炊屋「ポパイぞうすい」の店を出し、その稼ぎで生活をしている。店主は別の男に任せ、自らは酒で憂さを晴らす日々を...
暴力団「小津組」に所属する男性。川島徳太郎とは陸軍病院で知り合い、同じ船で日本に復員してきた。弟の金子宏道が川島の部下だったことから親しくなり、復員してからも懇意にしている。復員してからはカタギになる...
戦災孤児。近所の田んぼでエビガニを捕り、それをアメリカの「ロブスター」と称して行商することで生活している。「ひさご」にエビガニを持ち込んださいに菊子に優しくされたことで彼女を慕うようになり、以降「ひさ...

登場作品

第二次世界大戦終戦直後、焼け跡になった東京の闇市で、中国戦線において上官と部下だった川島徳太郎と黒田門松が再会し行動を共にするようになる。戦争中の記憶に苦悩し続ける川島、軍隊時代の仲間のことを思いなが...