李哪吒

封神演義(漫画)の作品登場人物。読みは「りなたく」。別称、哪吒。

  • 李哪吒
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
封神演義(漫画)
正式名称
李哪吒
ふりがな
りなたく
別称
哪吒

総合スレッド

李哪吒(封神演義)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

崑崙山脈仙人が人間の女性の胎内に入れた宝貝・霊珠を本体として生まれた宝貝人間であり、本体を壊されない限り死ぬことはない。戦闘能力も非常に高く、同時に複数の宝貝を難なく使うことができる。太公望とは、父親と対立していたところを仲裁されたのがきっかけで知り合う。その後は崑崙山脈道士としての修業を積み、太公望の仲間として戦うようになる。

その出自から人間らしい感情に乏しいが、母親想いで、面倒見の良いところも見せる少年。

登場人物・キャラクター

崑崙山脈出身の道士で、元始天尊の直弟子。元々は中国の遊牧民族・羌族の頭領の子息であったが、妲己による人狩りで一族を滅ぼされ、天涯孤独となったところを元始天尊にスカウトされた。封神計画の遂行者に任じられ...

関連キーワード

『封神演義』に登場する用語。能力的に未熟な仙人の総称で、基本的には自らを仙人界にスカウトした仙人の弟子となって、仙人界で修行を積むが、人間界にとどまった場合は、頑強な肉体とずば抜けた身体能力を持った天...
『封神演義』に登場する舞台の一つ。元始天尊が統治する仙人界の一つで、主に元が人間であった仙人・道士約400人が生活、修行をしている。元始天尊の居住する総本山を中心に多くの「山」がある。人間界からも視認...

登場作品

舞台は殷王朝時代の古代中国。仙女・妲己により心を惑わされ、悪政を続ける紂王により国は乱れていた。道士・太公望は、元始天尊により人間界に害をなす仙人たちを人間界から駆逐する計画・封神計画を遂行し、殷に替...