李 書文

拳児(漫画)の登場人物。読みは「り しょぶん」。別称、神槍。

  • 李 書文
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
拳児(漫画)
正式名称
李 書文
ふりがな
り しょぶん
別称
神槍

総合スレッド

李 書文(拳児)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

19世紀末に実在した拳法家で、作中では剛侠太郎が語る逸話や、弟子である劉月侠の昔話の中で登場する。八極拳の達人で槍術を得意とし、神槍のあだ名で呼ばれた。

登場人物・キャラクター

剛拳児が台湾に渡った時に出会ったサングラス姿の物静かな老人。神槍と名高い八極拳士・李書文の最後の弟子であり、太平洋戦争下では軍に所属し、黄河1号というコードネームの地下工作員として暗躍していた過去を持...

関連キーワード

『拳児』に登場する実在する中国拳法。主に拳による突き、肘打ちや体当たりによる突進を用いて敵を攻撃。大地に根をはるような重心を低くした構えから、一気に力を介抱するように直線的な技を繰り出し、爆発的な威力...

登場作品

やんちゃ盛りの小学生・剛拳児は、祖父の剛侠太郎から中国拳法の八極拳を学んでいた。ある日、剛侠太郎は日中戦争時代に恩を受けたかつての知人を訪ねるため、単身中国に渡航する。それから時が流れ、剛拳児は強さの...