李 紅蘭

李 紅蘭

サクラ大戦漫画版(漫画)の登場人物。読みは「り こうらん」。別称、紅蘭。

登場作品
サクラ大戦漫画版(漫画)
正式名称
李 紅蘭
ふりがな
り こうらん
別称
紅蘭
関連商品
Amazon 楽天

概要

帝国華撃団に所属する、メガネとそばかすが特徴的な中国出身の少女。神戸で暮らしていた頃の影響で、奇妙な関西弁で話し、周囲を楽しませることが好きな気さくな性格。天才発明家でもあり、霊子甲冑の開発・整備のほか様々な発明品を作り出している。その多くは失敗作で、劇場で爆発が起こる度に紅蘭の発明品が原因だと周囲に悟られるほど。

作中では試作品の冷房を発明するも、出力が高すぎた上に停止させる手段がなく、真夏の劇場を氷漬けにしてしまったこともあった。

登場作品

サクラ大戦漫画版

時は太正十二年。軍人としての使命感に燃える大日本帝国海軍の新任少尉、大神一郎は、士官学校を卒業後、帝国華撃団の隊長に任命される。だがそこで大神を待っていたものは、少女劇団の帝国歌劇団が所属する大帝国劇... 関連ページ:サクラ大戦漫画版

SHARE
EC
Amazon
logo