杜 元銑

殷周伝説 太公望伝記(漫画)の登場人物。読みは「と げんせん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
殷周伝説 太公望伝記(漫画)
正式名称
杜 元銑
ふりがな
と げんせん

総合スレッド

杜 元銑(殷周伝説 太公望伝記)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

天文現象を観察し占う天台官。三代にわたりに仕えてきた、真面目な男性。子どもの頃から霊感があり、人の見えない物が見える。ある日、宮殿から異様な妖気を感じることを伝えに紂王に会いに行き、そこで妲己の正体を見抜く。しかし妲己の意見を聞いた紂王から国を混乱させる者と決めつけられ、処刑された。

登場作品

舞台は紀元前の中国大陸。夏が滅亡し殷の時代が始まりを告げた。600年後、殷の第30代王・帝乙に、後の紂王が生まれる。帝乙が死に、跡を継いだ紂王は悪霊に乗り移られた妲己と出会い、殷を崩壊の道へと歩ませる...