杜綱 悟

うしおととら(漫画)の登場人物。読みは「もりつな さとる」。

  • 杜綱 悟
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
うしおととら(漫画)
正式名称
杜綱 悟
ふりがな
もりつな さとる

総合スレッド

杜綱 悟(うしおととら)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

光覇明宗の高僧たちが選出した、獣の槍の伝承者候補のひとり。法術に加えて、術者の意のままに操れる物の怪・式神を使役する陰陽道も学び、同世代の僧からは獣の槍伝承者になるのは確実と言われたほどに才気に溢れた若者。陰陽師のようなゆったりとした衣をまとい、巨大な多足類のような式神と、巨大な蛭のような式神を使役する。

その才能に目をつけた白面の者の分身体・婢妖に身体を乗っ取られ、獣の槍を破壊するために蒼月潮の前に立ち塞がった。蒼月潮が決死の覚悟で杜綱悟の体内に入り込み、脳内に巣食う婢妖を殲滅し、元の姿に戻った。その後、もっと強くなりたいと願う蒼月潮に試練を与え、獣の槍を信じてともに成長することが正しいと諭す。

登場作品

世界観主人公の蒼月潮が住んでいるのは架空の都市である東京都みかど市。高いビルなどがあまりなく、自然も数多く残っていることから、都心部から離れた郊外に存在していると見受けられる。また、潮の住む芙玄院は、...