来留間 慎一

魔獣戦線(漫画)の主人公。読みは「くるま しんいち」。

  • 来留間 慎一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
魔獣戦線(漫画)
正式名称
来留間 慎一
ふりがな
くるま しんいち

総合スレッド

来留間 慎一(魔獣戦線)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

少年時代は年相応にやんちゃで正義感が強く、優しい性格をしていた。当時生物学者である父来留間源三が家にライオンやゴリラを始めとする大型の珍しい動物を飼っており、慎一は彼らと大変仲がよく、意思疎通ができた。またお母さん子で、家に滅多に帰ってこない源三に対しては緊張してしまい他人行儀が抜けない面もあった。

源三を始めとする十三人の学者たちによって、永遠の命を持つ存在へと改造する手術を受けさせられるも、まだ子供で体が手術に耐え切れなかったため、失敗。細胞がバラバラになってしまうため水槽から出られない体になってしまう。見かねた源三に殺害されそうになったところを、源三たちによって魔獣へと改造された母来留間静江に救出される。

静江は死に、静江と融合し魔獣の力を手に入れた慎一は、姿を消した源三への復讐を誓う。その後5年間源三の後を追い続けた慎一の性格は一変しており、好戦的ながら冷静な判断力を持ち、敵であれば残虐な殺人も厭わないまさに魔獣そのものといった存在と化している。

登場作品

動物と心を通わす優しい少年来留間慎一は、新人間(ニューマン)を生み出そうとする父来留間源三を始めとする十三人の学者によって、永遠の命を持つ存在への改造手術の実験台とされてしまう。だが慎一の手術を失敗と...