来須 隼人

魔殺ノート退魔針(漫画)の登場人物。読みは「くるす はやと」。別称、来須。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
魔殺ノート退魔針(漫画)
正式名称
来須 隼人
ふりがな
くるす はやと
別称
来須

総合スレッド

来須 隼人(魔殺ノート退魔針)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

世界で三人しかいないという魔性(妖魔)を倒す針である退魔針の使い手、退魔士のひとりで、来須流を用いる。退魔士として他に大摩流大摩、妖流の妖京梧がおり、大摩妖京梧からは「モグリの針師」と呼ばれるれ、これを嫌がっている。落ち着いた性格をしている。

超古代文明を持つムー大陸を一日で滅ぼした魔神ザグナス=グドを封じ込めた5人の魔道士の末裔。大摩が、藤尾重慶に憑いた魔性を消滅させるためのツボを探るためにアメリカを訪れたが、その帰りに大摩の前に姿を現す。

登場作品

世界に三人しかいない魔を滅ぼす針である退魔針の使い手である退魔士の大摩は、助手の十月真紀とともに魔性に憑かれた生物学者の藤尾の治療を、その妻の美弥から依頼される。さっそく、真紀とともに、大摩流鍼灸術を...