東丸 幸子

七夕の国(漫画)の登場人物。読みは「ひがしまる さちこ」。東丸高志とは親族関係にある。

  • 東丸 幸子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
七夕の国(漫画)
正式名称
東丸 幸子
ふりがな
ひがしまる さちこ

総合スレッド

東丸 幸子(七夕の国)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

丸神の里の超能力を伝える東丸家の長女。窓の外を見る能力の持ち主だが、手が届く能力はない。幼い頃、兄である東丸高志手が届く能力を使った虐待を受け、心と身体に深い傷を負った。現在は丸川町にある喫茶店でアルバイトをしており、たまたまそこを訪れた南丸洋二と出会う。

南丸が町のしきたりに深く関わらないよう助言するなど、他の町人と違って里に伝わる超能力や七夕祭りに対して否定的。

登場人物・キャラクター

就職活動中の大学4年生。サークル新技能研究会の部長を務めており、サークル内で唯一「念じることで物質にごく小さな穴を空ける」超能力を持つ。この力を就職に役立てられないか考えるものの、実用性が薄く、使い道...
丸神の里に伝わる超能力を伝える東丸家の長男。「物体に穴を空ける」超能力である手が届く能力の持ち主。元神官である丸神頼之ほどではないが、能力の使用に長けており、南丸洋二に正しい「使い方」を指南した。短気...

関連キーワード

『七夕の国』に登場する自治体。A県黒嶺郡にある小さな町。この町を含む一帯は丸神の里と呼ばれる土地で、代々手が届く能力と窓の外を見る能力の能力者を輩出してきた。丸神山と七つ峰と呼ばれる山があり、この土地...

登場作品

大学生の南丸洋二は、あらゆる物質に小さな穴を穿つ手が届く能力と称される超能力を持っていた。ある日、自分を呼び出していたはずの大学教授の丸神正美が、丸川町に赴いた後に失踪。丸神教授も手が届く能力を持つこ...