東光坊 蓮忍

遮那王 義経(漫画)の登場人物。読みは「とうこうぼう れんにん」。

  • 東光坊 蓮忍
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
東光坊 蓮忍
ふりがな
とうこうぼう れんにん

総合スレッド

東光坊 蓮忍(遮那王 義経)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

漂太が追放された鞍馬寺の僧。かつて牛若丸の父・源義朝の祈祷師をしていたことがあり、牛若丸を平家から守ることが自分に課せられた役目だと考えている。牛若丸と直接面識はなかったため、漂太と入れ替わっていることには気づいていない。仏門で修行することになった牛若(漂太)に、遮那王の名を授ける。

歴史上の実在の人物と思われる、蓮忍がモデル。

登場人物・キャラクター

孤児の旅芸人。仲間の少年たちと共に軒下一座を名乗り、大道芸をして暮らしていた。源氏の御曹司牛若丸とうり二つの容姿をしていたことから、その身代わりを頼まれる。子供と思えない度胸の良さと行動力で大役を見事...

登場作品

親を知らない子供の旅芸人・漂太は、連れて行かれた屋敷で自分とそっくりの少年・牛若丸と出会う。漂太が連れてこられた目的は牛若丸の身代わりとなることだった。牛若丸の境遇に同情し、身代わりを務めることを承諾...