東城 綾

いちご100%(テレビアニメ)の登場人物。読みは「とうじょう あや」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
いちご100%(テレビアニメ)
正式名称
東城 綾
ふりがな
とうじょう あや

総合スレッド

東城 綾(いちご100%)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

物語開始時は中学3年生。真中淳平が屋上で出会った「いちごパンツ」の少女の正体。成績は優秀だが内気で引っ込み思案な少女で、恥ずかしがり屋な面もある、クラスでも目立たない存在だった。天然ボケに加えて少しドジなところがあり、何もないところでもよく転んで数々の失敗を繰り返している。

自分の世界に閉じこもりがちで、孤独や受験の不安などから現実逃避的に小説を書いていた。

自分を肯定できずにいたが、真中淳平に自分を肯定してもらい、恋心を抱くようになる。しかし、内気な性格が災いして、なかなか素直になれないでいる。当初はおでこを出した7:3分けの前髪に三つ編み、黒縁メガネと地味で目立たない少女だったが、後に真中淳平西野つかさからアドバイスを受けて前髪を下ろし、さらにコンタクトレンズと髪をほどいたスタイルに変更した結果、誰もが振り返る美少女に変身する。

スタイルも抜群で、胸のサイズは高校時にEカップ。

好きな食べ物はクレープ。真中淳平を「真中君」と呼ぶ。

登場人物・キャラクター

物語開始時は中学3年生。ルックス、成績、運動神経など、あらゆる面でごく普通な、平均的で平凡な少年で、女性に対する妄想が少し激しい。性格は優しく穏やかだが優柔不断な一面があり、頼りない印象もある。また、...
物語開始時は中学3年生。真中淳平が屋上で出会った「いちごパンツ」の少女だと勘違いした少女。性格は明るく快活で積極的ながらサバサバした一面もあるものの、恋愛に関しては一途に思い続ける面もある。また、ショ...

登場作品

ある日の放課後の屋上。中学3年生である主人公の真中淳平は、謎の美少女の「いちご柄のパンツ」を目撃、心を奪われ以来、「いちごパンツ」の少女を探し求める。そして「いちごパンツ」の少女が学年一のアイドルであ...