東堂 太郎

神聖喜劇(漫画)の登場人物。読みは「とうどう たろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神聖喜劇(漫画)
正式名称
東堂 太郎
ふりがな
とうどう たろう

総合スレッド

東堂 太郎(神聖喜劇)の総合スレッド
2016.10.03 20:47

概要

24歳。福岡出身。対馬要塞重砲兵連隊教育召集兵第三内務班員。帝国陸軍二等兵。博覧強記にして凄まじい記憶力を持ち、一度読んだ本や聞いた言葉を正確に覚え、暗誦することができる。東京帝国大学に1年通った後、家の都合から九州大学法文学部に転学するも、高校時代の友人・西条靫負との関係から赤化の嫌疑をかけられ、二年半で中退。

その後、大東日日新聞社西海支社で新聞社員となっていたが、召集により対馬要塞で入隊教育を受けることとなる。妻子は無く、独身。誤ったことについては融通がきかない頑固さを持つ。戦争や差別を憎む思想の持ち主ではあるが、虚無主義に陥っている。

登場作品

1942年1月、召集補充兵として重砲兵連隊の入隊教育を受けるため対馬要塞へと向かう東堂太郎。彼が所属することになった第三班の若者たちは、船の中で到着後班長となる大前田文七軍曹の中国大陸での恐ろしい逸話...