東条 英機

東条 英機

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「とうじょう ひでき」。

登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
東条 英機
ふりがな
とうじょう ひでき
関連商品
Amazon 楽天

概要

関東軍参謀長。 石原莞爾のライバル。甘粕正彦に石原莞爾の動きを探らせる。甘粕正彦からは、軍人としては立派だが、小さい物事に動じすぎる、陸軍大臣までならいいが、国の命運を任せることはできない、と評される。だが、後に陸軍次官就任の為に離満、陸相、大日本帝国首相を務めることになる。

歴史上の実在の人物、東条英機がモデル。

登場作品

虹色のトロツキー

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ... 関連ページ:虹色のトロツキー

SHARE
EC
Amazon
logo