東海林 弘明

東海林 弘明

そこをなんとか(漫画)の登場人物。読みは「しょうじ ひろあき」。

登場作品
そこをなんとか(漫画)
正式名称
東海林 弘明
ふりがな
しょうじ ひろあき
関連商品
Amazon 楽天

概要

改世楽子と同じ菅原耕太郎法律事務所で働く先輩弁護士(アニ弁)。合格率3%時代、在学中に司法試験に受かったエリート。クールで辛口、用心深く抜け目がない敏腕弁護士。楽子に嫌味や皮肉を言いつつ、よく面倒もみている。大手事務所奥山・城之内法律事務所に入る予定だったが、受付嬢とトラブルがあり、内定を辞退。

恩師の菅原耕太郎の元へかけこみ、菅原耕太郎法律事務所開設時より、居候弁護士(イソ弁)になる。以前、修習同期の中道と付き合っていた。実家で大型犬を飼っていたこともあり、無類の犬好きで、小さな変化でも見逃さない。お酒に弱い。後に中道に誘われ、佐木田法律事務所に移籍する。

関連人物・キャラクター

改世楽子

底抜けに明るく素直で押しの強い25歳。家が貧乏だったため、奨学金をもらい、キャバクラで働きながら、法科大学院(ロースクール)に通う。司法試験になんとか合格するが、弁護士就職難のため、キャバクラで知り合... 関連ページ:改世楽子

菅原耕太郎

菅原耕太郎法律事務所所長。改世楽子とキャバクラで知り合い、司法試験に合格した就職難民の楽子を雇い入れた。よく楽子には「社長」と呼ばれている。温厚な人柄で、口が堅い。人が良いため、値切り交渉に弱く、あま... 関連ページ:菅原耕太郎

関連キーワード

佐木田法律事務所

『そこをなんとか』に登場する事務所。中堅で主に企業法務を扱う評判の良い法律事務所。中道志織と東海林弘明は後にこの事務所に移籍する。ボスの佐木田弁護士はやり手で、東海林が若い頃、太刀打ちできなかった相手... 関連ページ:佐木田法律事務所

登場作品

そこをなんとか

2007年、新司法試験で合格し司法修習を終えた改世楽子は、就職難でどこにも就職が決まらない。バイト先のキャバクラで知り合った菅原耕太郎の元に雇ってほしいと半ば強引に押しかける。菅原耕太郎法律事務所に所... 関連ページ:そこをなんとか

SHARE
EC
Amazon
logo