東清大学

東清大学

登場作品
いろはにほう作(漫画)
正式名称
東清大学
ふりがな
とうきよだいがく
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京大学を思わせる造りの名門大学で、シュワルツ博士を招いて半年間の研究チームが結成された。これに博士の推薦でほう作が加わり、やがて「ほう作理論」が完成された。当時としては最新鋭のコンピュータと研究員が用意されていたが、覚醒したほう作とそれをサポートするシュワルツ博士に割って入れる者はいなかった。

登場作品

いろはにほう作

色埴ほう作は九州の田舎から東京の叔父の家に転がり込んできた少年。やることなすこと全てがアホで、周囲の人間を持ち前のアホさで振り回す。後に頭に強い衝撃を受けて大怪我をするが、そのショックから天才的な頭脳... 関連ページ:いろはにほう作

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
いろはにほう作
logo