松下 健二郎

松下 健二郎

サルチネス(漫画)の作品登場人物。読みは「まつした けんじろう」。

登場作品
サルチネス(漫画)
正式名称
松下 健二郎
ふりがな
まつした けんじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

自称「サイキック」の40歳。18歳から22年間、催眠術を学ぶ。大豪邸に住んでいて、今まで母親に35回催眠をかけ33回成功したので、他人にもかかるかどうか試したいと中丸タケヒコと出会う。河合タイチにはかかったが、タケヒコには全くかからなかった。しかし、タケヒコから「自分の記憶を妹から消してほしい」と頼まれる。

本当は「誰かに必要とされたい」と思っているさびしがり屋。容姿は醜く、長髪だが、それはカツラである。

登場作品

サルチネス

幼い頃母親に捨てられた中丸タケヒコと妹の中丸愛は、祖父の下で育つ。愛は長じて小学校教師になったが、タケヒコは14歳から引きこもりとなる。タケヒコは妹が健康で立派な大人になることが唯一の願いであり、それ... 関連ページ:サルチネス

SHARE
EC
Amazon
logo