松下 健二郎

松下 健二郎

サルチネス(漫画)の作品登場人物。読みは「まつした けんじろう」。

登場作品
サルチネス(漫画)
正式名称
松下 健二郎
ふりがな
まつした けんじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

自称「サイキック」の40歳。18歳から22年間、催眠術を学ぶ。大豪邸に住んでいて、今まで母親に35回催眠をかけ33回成功したので、他人にもかかるかどうか試したいと中丸タケヒコと出会う。河合タイチにはかかったが、タケヒコには全くかからなかった。しかし、タケヒコから「自分の記憶を妹から消してほしい」と頼まれる。

本当は「誰かに必要とされたい」と思っているさびしがり屋。容姿は醜く、長髪だが、それはカツラである。

登場作品

サルチネス

17年の引きこもり生活を経て、妹のため自立すべく家出した中丸タケヒコ。妹の幸せだけを願ってきた彼は、さまざまな人との出会いを経て自分の人生とも向き合うようになる。 関連ページ:サルチネス

SHARE
EC
Amazon
logo