松中 直治

松中 直治

最上の命医(漫画)の登場人物。読みは「まつなか なおはる」。

登場作品
最上の命医(漫画)
正式名称
松中 直治
ふりがな
まつなか なおはる
関連商品
Amazon 楽天

概要

西條命平聖中央病院で最初に配属された救急部の医師。昔は情熱的で患者に親身な医師だったが、いつの間にか「セクハラ親父」と噂される怠惰な中年になり果てている。命が不在で瀬名マリアと2人で夜勤をしている際、腹痛で運び込まれた子供の虫垂炎を見逃してしまう。だが命の影響で情熱的に診療にあたるマリアの姿に感化され、かつての自分を取り戻した。

関連人物・キャラクター

西條 命

西條生の弟。父親は彫刻家で、海外での活動が多い。生後すぐ完全大血管転移症の心臓手術を受けた経験から、小児外科医を目指すように。小学生時代、自分の手術を執刀した神道護から大いに感化される。やがて父親の仕... 関連ページ:西條 命

関連キーワード

平聖中央病院

『最上の命医』に登場する病院。私立の大病院で、全国に57の病院を擁する平聖グループの一角。救急車が渋滞すると言われるほど忙しい病院として知られ、あちこちの医局から研修医や若手医師が修行に派遣される。西... 関連ページ:平聖中央病院

登場作品

最上の命医

アメリカで医学を学んだ後、日本の大病院で小児外科を職場に選んだ天才外科医・西條命。患者軽視の病院経営、医局の派閥争いなどに立ち向かいながら、用意周到な行動力と医療への情熱で周囲の人々を変えていく。 関連ページ:最上の命医

SHARE
EC
Amazon
logo