松宮 五月

千の目先生(漫画)の登場人物。読みは「まつみや さつき」。別称、サッちゃん。

  • 松宮 五月
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
千の目先生(漫画)
正式名称
松宮 五月
ふりがな
まつみや さつき
別称
サッちゃん

総合スレッド

松宮 五月(千の目先生)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

耳のところの髪が前にはねているショートカットの女子高生。波丘高等学校の一年生だが、生活が厳しくあまり出席していない。同級生の久保竜生とはかなり親密。ようやく病気がよくなってきた母と、家を出た兄の松宮五郎、小学生の弟の松宮五平の4人家族。浜での昆布採りと、たまに帰ってくる五郎の置いていく生活費だけで暮らしている。

超能力に目覚めていて、人間を人魚に変えることができる。五郎が昔の恋人の貝塚弥保子を殺したところを目撃し、その死体を人魚にして兄に疑惑が向かないようにした。それをタネに見られ、利用されている。竜生の言葉に苦悩した末にタネの命令を拒否すると催眠術で操られてしまう。

五郎に助けられ、千草の説得で人魚にした人々をもとに戻した。だが、事件の発端を作った五郎の死を笑うタネだけは許せず、人魚にしてしまう。

登場作品

不思議な新任教師千草カオルは、赴任直後から生徒たちの人気を集めた。だが、その正体は超能力者で、目覚めたばかりの超能力者を早期に発見し、正しく指導するために各地を廻っている。白鳩学園の山代ナツ子や五本櫛...