松宮 五郎

千の目先生(漫画)の登場人物。読みは「まつみや ごろう」。

  • 松宮 五郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
千の目先生(漫画)
正式名称
松宮 五郎
ふりがな
まつみや ごろう

総合スレッド

松宮 五郎(千の目先生)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

左腕が肩からない、いつもサングラスの男。村を出て東京で働いていた頃に、機械に挟まれて左腕を失った。松宮五月の兄で、たまに帰って生活費を置いていく。大黒観光チェーンの社員として、五本櫛町の観光地開発のために町に戻ってきた。網元の息子に嫁いだ昔の恋人、貝塚弥保子に「片腕しかない貧乏人に用はない」と言われ、カッとして殺してしまった。

観光地開発も、漁獲量が減ってきている町のためにと思ってのことだったが、大伴黒主貝塚鯛三の強引なやり方に心を痛める。千草カオルに心を許し、五月と村を救うために活躍。責任を感じて自殺した。

登場作品

不思議な新任教師千草カオルは、赴任直後から生徒たちの人気を集めた。だが、その正体は超能力者で、目覚めたばかりの超能力者を早期に発見し、正しく指導するために各地を廻っている。白鳩学園の山代ナツ子や五本櫛...